SNS OPEN
お知らせ

エデンレッドジャパン「HRカンファレンス2022春」にて講演決定



日本の人事部主催、厚生労働省後援の日本最大のHRイベント「HRカンファレンス2022春」にて、
チケットレストランを運営するエデンレッドジャパンの講演が決定いたしました。

講演概要

<テーマ>
意外と知らない!「食事」が及ぼす従業員のコンディションやチームの生産性への影響

<講演日時>
2022年 5月20日(金)午前 9:30〜午前10:20

※オンラインによるライブ配信

<参加費>
無料

<詳細・申込>
https://jinjibu.jp/hr-conference/202205/interview_detl.php?anc=I2
※定員に達し次第、受付終了となります。ご了承ください。

<講演内容>
リモートワークの普及や食材などの物価上昇など、環境や経済が目まぐるしく変化していますが、「人は必ず食事する」ことは変わらない事実です。当然すぎて見落としがちですが、「食事」へのケアが従業員のコンディションを整えることに繋がります。

本講演では、一人一人のコンディション・健康サポートが企業の生産性向上にもたらす効果を整理し、「食事」に関する知識と具体的なサポート方法ついてお話いたします。

このような課題をお持ちの方にオススメ

  • 企業側と従業員の物理的距離がある中、従業員のエンゲージメント低下にお悩みをお持ちの方
  • 多様性・働き方の変化に、より対応した「平等」な従業員サポートを模索している方
  • 従業員へ健康意識向上のきっかけを、企業側として提供したい方
  • インフレやコロナが生活を直撃する中、従業員に対する「何かしてあげたい」という思いを具現化したい方

登壇者コメント

株式会社エデンレッドジャパン
アフィリエーションリーダー&シニアセールス
伊村 善志郎

健康的な生活を維持するために、「食」は必要不可欠な条件です。充実した昼食を食べることができれば、社員のやる気、仕事の生産性に必ず良い影響を与え、離職率が下がるという豊富なデータがあります。しかしながら、充実した昼食をとれていないビジネスパーソンが、どれだけいるかご存知でしょうか?今年、私たちが20~50代のビジネスパーソン600名を対象に行った調査では、次のようなデータが出ています。

  • 20代の約半分が「食費節約のため」にランチを欠食する
  • 約15%の人は週の半分以上ランチを食べていない
  • 約6割が、金額を理由に勤務日のランチで食べたいメニューを「我慢したことがある」
  • 3人に1人が勤務日にランチを食べなかったことがある

この講演では、「食」のサポートを柱に、さまざまなデータや事例をご紹介します。健康経営に成功している企業は、従業員をどのような思想でケアしているのか。そしてどのように、会社の制度といった具体的な施策に落とし込んでいるのかという点についてお話しいたします。

株式会社エデンレッドジャパン
マーケティング&ビジネス開発部 マネージャー
マルコ マルチネズ

コロナ禍以降、在宅勤務が促進されるにつれ、従業員のエンゲージメント低下にお悩みの企業から、相談をいただくことが多くなりました。健康経営は、変化に強い組織作りのための重要なキーです。

当社の本社があるフランスでは、食事のサポートは企業の「義務」となっています。しかし残念ながら、日本の場合、社員の食事に対する企業の認識およびサポートが、お世辞にも高い水準にあるとは言えません、食事に対するサポートが充実している欧米諸国と比較すると、日本の労働者の生産性は低くとどまっているのが現状です。食事補助が企業にもたらす効果や影響を、ぜひ皆様と一緒に考えていきたいと思います。講演へのご参加をお待ちしております。

エデンレッドジャパン講演に関するお問い合わせ先

株式会社エデンレッドジャパン マーケティング&コミュニケーション部
Email: erjp-pr@edenred.com


導入後の利用は簡単3ステップ

導入開始からスムーズに全社員がご利用することができます!

Contactお問い合わせはこちら

PAGETOP