特集・お知らせ

エデンレッド及びチケットレストランに関する最新情報をお届けします

特集記事

福利厚生の利用率が低い……!その原因と対策【福利厚生の利用率改善】

feature12

今、福利厚生を充実させる企業が増えています。働き方改革やワークライフバランス改善が注目される中、働きやすさを向上させる手段として改めて福利厚生が脚光を浴びているのです。この流れは大企業のみならず、中小企業にも押し寄せています。

しかし中には、「せっかく新しい福利厚生を導入したのに、従業員の利用率が低い……」という課題を抱える企業も少なくないようです。その原因や対策を探ってみました。

福利厚生の利用率が低くなる原因

福利厚生の利用率が低いというのは、実は企業によくある悩み。平均すれば日本における福利厚生の利用率は4割程度なのではないかという声もあります。その主な原因をまとめてみました。

利用するための手続きが煩雑

福利厚生を利用するのに申請が必要だったり、書類を揃える必要があったり――。「利用したいけど、そのための手続きが面倒」という声をよく聞きます。このハードルを下げることで、特に若い従業員の福利厚生利用率を上げることができるでしょう。

魅力的な福利厚生がない

世代や家族構成などによって、どんな福利厚生を魅力的に感じるかは変わってきます。そのため、慎重に福利厚生の内容を検討しないと、「一部の従業員には魅力的だけれど、他の従業員には使いどころがない」といった福利厚生になってしまいかねません。

そもそもどのような福利厚生があるか知らない

福利厚生の利用率が低いのは、社内で利用できる福利厚生に関する認知が浸透していないのが原因である場合もあります。福利厚生を導入するだけではなく、利用できる福利厚生をすべての社員が認識できるよう、地道な社内周知が欠かせません。

利用率が高い福利厚生の例

それでは、いったいどのような福利厚生を導入すれば、高い利用率を達成できるのでしょうか。その例をいくつか見てみましょう。

健康関連の福利厚生

健康診断や予防接種などといった健康関連の福利厚生は、世代を問わず利用率が高い福利厚生のひとつ。派手さはありませんが、誰もが恩恵を感じられる堅実な福利厚生です。

住宅関連の福利厚生

家賃補助をはじめとする住宅関連の福利厚生も、「家計が助かる」という現実的な理由で根強い人気があります。どのような属性の従業員も必要とする基本的なニーズをサポートする福利厚生を導入することが、利用率アップの秘訣と言えそうです。

食事補助

最近人気が高いのが、食事補助の福利厚生です。食事補助なら従業員が日常的にメリットを実感できるため、利用率のみならず満足度も高くなる傾向にあります。

利用率99%以上のチケットレストラン

上記でご紹介した利用率が高い福利厚生の中でも、特に低コストで導入できるのが食事補助です。食事補助の福利厚生ソリューションとして国内トップクラスのシェアを持つチケットレストランは、利用率が99%以上という驚きの高さ。まとまった初期投資も必要ないので、簡単に導入できるのが強みです。チケットレストランの活用メリットについて詳しくは、ぜひ以下のページを覗いてみてください。

チケットレストラン:活用メリット