特集・お知らせ

エデンレッド及びチケットレストランに関する最新情報をお届けします

特集記事

ランチ補助が今話題!福利厚生でランチ補助を導入するメリットとは

feature11

最近、働く人のワークライフバランスが重要視されるようになってきました。「福利厚生を強化したい」「新しい福利厚生を導入したいけど、何がいいのか分からない」――そんな経営者、担当者の方も多いはず。そんな方におすすめなのがランチ補助です。

食事補助やランチ補助は福利厚生の定番ですが、その利点の多さから、今改めて注目を浴びています。今回は、ランチ補助のメリットについてまとめてみました。

福利厚生のランチで活性化!ランチで社内コミュニケーションが良好に?

ランチ補助の福利厚生のメリット

まずはランチ補助の主なメリットをピックアップ。人気の理由を探ってみましょう。

ランチ補助で優秀な人材を獲得しやすくなる

冒頭で触れたように、今はワークライフバランスが重視される時代です。転職希望者や就職希望者の多くも、職場の働きやすさに注目して企業を選ぶようになってきています。特に若い世代は、企業選びで福利厚生の内容を重視する傾向があるようです。

ランチ補助はすぐにその恩恵や便利さを想像しやすく、家計にも優しい福利厚生として人気が高まっています。ランチ補助を導入すれば、人材募集の過程でひとつのアピールポイントになるでしょう。

ランチ補助で生産性向上を期待できる

生産性の向上には、しっかり休憩をとってリフレッシュすることが欠かせません。業務フローなどの改善ももちろん大切ですが、気分転換もやはり重要なのです。時間を確保し、ランチ補助で誰もがヘルシーなランチを食べることができるようになれば、従業員の心身のリフレッシュをサポートし、生産性向上を後押しすることにつながります。

非課税運用が可能でコストメリットがある

一定の条件を満たせば、ランチ補助は福利厚生費として非課税運用が可能です。つまり、従業員側だけではなく、企業側にもコストメリットがあるということ。福利厚生関連の支出に頭を悩ませている場合、ランチ補助に切り替えることでコストダウンが見込める可能性があります。

コミュニケーション活性化の手段として注目されるランチ補助

上記で取り上げたメリットに加えて、近年は社員同士のコミュニケーション活性化の手段としてもランチ補助が脚光を浴びるようになりました。オフィスでの普段の会話やミーティングとは少し違う気軽なランチの場を、新たな交流の場として積極活用するケースが増えているのです。ランチ補助でこうしたコミュニケーションを促進することで、共に働くチームメンバー同士の理解を深め合うことができ、同時にクリエイティブなアイディアも生まれやすくなります。

ランチ補助の福利厚生を低コストで導入するには

メリットがたくさんあるランチ補助ですが、一からすべて自社で制度を整備しようとすると、時間もコストもかかってしまいます。そこで今支持を集めているのが、簡単かつ低コストでランチ補助の福利厚生を実現できる食事補助ソリューション、チケットレストランです。チケットレストランを導入すると、従業員は全国58,000店以上の飲食店やコンビニを社員食堂代わりとして利用できます。その便利さから、導入企業は2,000社以上にも上ります。

チケットレストランの仕組みやメリットなどについてもっと知りたい方は、以下のページをチェックしてみてください。

ランチ補助福利厚生のチケットレストランとは

【福利厚生を一覧で紹介】福利厚生の種類とは?主なタイプを一覧でご紹介