特集・お知らせ

エデンレッド及びチケットレストランに関する最新情報をお届けします

特集記事

福利厚生が中小企業でも重要に:すぐに導入できる福利厚生サービスとは

fukurikousei4

 

様々な業界で全国的に人材不足が目立ちつつある今日この頃。いかにして優秀な人材をより多く確保すればいいのか、頭を悩ませている採用担当者や人事担当者の方も多いのではないでしょうか。

 

特に中小企業では、人材獲得は持続可能な成長に向けた大きな課題となりつつあります。

 

企業の人材獲得競争が加熱する中、今改めて注目を集めているのが(法定外福利厚生)です。

 

今回は、中小企業にとっての福利厚生の意義や、中小企業でも導入しやすい福利厚生制度などについてご紹介します。

 

福利厚生の充実度が人材採用の成否を分ける可能性

優秀な人材をより多く確保するには、当然ながら求職者が何を重視して企業を選ぶのかを把握しておかなければなりません。各種の統計やアンケート調査を見てみると、やはり多くの場合、一番重視されるのは給与面。

 

しかし給与・待遇に関しては財力のある大企業が強く、中小企業で同等の対応は難しいのが現実ですよね。そこで注目したいのが、多くの調査で第2位の項目としてランクインしている福利厚生です。

 

福利厚生なら中小企業でも比較的大企業と遜色ないものを用意することが可能であり、工夫次第では大企業より魅力的な制度を整備することだってできます。

 

中には求職者のおよそ7割〜8割が福利厚生を重視しているというデータもあり、まさに「中小企業が人材獲得で成功を収めたいなら、福利厚生に着目すべき」だと言えるのです。

 

中小企業の福利厚生には外部サービスの活用を

とは言え、やはりいきなり自社で魅力的な福利厚生制度を整備するのは難しく、現実的ではないというケースもあるでしょう。そこでおすすめなのが、福利厚生の導入・運用に外部サービスを活用することです。

 

現在多くの事業者が企業向けの福利厚生ソリューションを提供しており、活用する企業も年々増加しています。今や中小企業が福利厚生制度を充実させようと考えた場合の、定番の選択肢だと言えるでしょう。

 

なぜ中小企業には食事補助がぴったりなのか

福利厚生の外部サービスには様々なジャンルのものがありますが、中小企業にぴったりなのが食事補助です。
なぜ中小企業には食事補助の福利厚生が最適なのか、その理由を3つご紹介します。

 

利用率が高く、従業員が普段から効果を実感できる

福利厚生で大事なのは、従業員の利用率が高く、普段から気軽に使えること。その点、毎日のランチで活用できる食事補助は完璧なソリューションです。食事補助であれば従業員の立場や年齢、ライフスタイルなどにかかわらず誰でも使えますし、一人ひとりが常日頃から確かな効果を実感できます。

 

満足度が高いから人材定着につながる

食事補助の福利厚生は一般的に従業員満足度が高いのも特徴。やはり「誰でも毎日使える」という点と、「目に見える形で効果を感じやすい」という点が、高い満足度の背景にあるようです。これは人材定着という観点で見ても非常に効果的だと言えます。

 

都市部でも地方でも利用可能な店舗が充実

食事券や電子食事カードといった形式での食事補助ソリューションの場合、都市部でも地方でも利用可能な店舗の選択肢が豊富なことが多く、複数の事業所を展開している中小企業や地方に立地する中小企業にも最適です。

特にチケットレストランは全国58,000店以上で利用可能で、コンビニなどでも使えるのが人気の理由のひとつとなっています。

 

まとめ

ここまで、福利厚生の充実がなぜ中小企業にとって大切なのか、そしてどうして中小企業には食事補助がおすすめなのか、その理由をご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

今後もしばらくは全国的に人材不足の傾向が続き、優秀な人材を確保するのはますます難しいタスクとなっていくことが予測されています。中小企業の人事担当者や経営者の方は、ぜひ食事補助を始めとする福利厚生の充実で、企業の魅力アップに取り組んでみてください。

中小企業向け福利厚生サービスはこちら