特集・お知らせ

エデンレッド及びチケットレストランに関する最新情報をお届けします

特集記事

【従業員満足度と福利厚生の関係】従業員満足度をあげる福利厚生とは?

fukurikousei1

企業が持つ資産には様々なものがありますが、やはり一番大切なのは、その会社で働く人材、従業員ですよね。

ビジネスの成功は、働く社員たちの頑張りがあってこそ。企業が持続可能な成功を掴むためには、しっかりと従業員に還元し、彼らがいきいきと働ける職場を作り上げるのが、遠回りのようで一番の近道かもしれません。

ところで、会社で日々働く従業員に還元し、満足度を向上する手段として今も昔もポピュラーなのが福利厚生です。

すでに何らかの福利厚生制度を導入している企業様は多いと思いますが、果たしてその福利厚生、本当に従業員から喜ばれているでしょうか?

今回は、多様化する福利厚生の現状と、今の時代におすすめな福利厚生のかたちについてご紹介します。

多様化する福利厚生と満足度

従業員の生活をサポートしたり、働くモチベーションをアップさせたりするために、従来から多くの企業で積極的に導入されてきた福利厚生制度。

レジャー施設の割引や健康診断、住宅手当などは定番ですよね。従業員のスキルアップを狙って、資格手当などを出す企業も増えています。

さらに昨今では、ワークライフバランスに対する意識の向上もあって、リフレッシュ休暇の導入や託児所の整備といった福利厚生も一般的になってきました。

バースデー休暇、ショッピング休暇など、ユニークな休暇制度を取り入れる会社も近年は多い印象です。

このように、企業における福利厚生の選択肢は年々増加しており、「どれを導入すれば効果的なのか、従業員に喜んでもらえるのか」という判断はますます難しくなっています。

利用頻度と従業員満足度の深い関係

せっかく新しい福利厚生の制度を導入しても、従業員の満足度が低かったり、あるいはそもそもあまり活用されなかったりという事態になってしまえば、導入までの労力やコストが無駄になってしまいますし、何よりもったいないですよね。

とは言え前述の通り福利厚生の選択肢は今や数え切れないほどで、どういった観点から選んでいけばいいのかというのは、なかなか難しい問題です。

そうした中、注目に値するのが、数々の事例や統計から徐々に浮かび上がってきた「利用頻度と従業員満足度の関係」です。これは一言でまとめてしまえば、「普段の利用頻度が高い福利厚生こそが、従業員の満足度を真に高めてくれる」というもの。

一見当たり前のようですが、案外多くの企業の間でこのシンプルな事実が見逃されてきたんです。

本当に満足度の高い福利厚生とは?

本当に満足度の高い福利厚生を実現するには、少なくとも2つの要素が必要不可欠だと言われています。それが、「実感」と「恩恵」です。

まず、大多数の従業員が、その福利厚生を実際に活用できているという「実感」を持てるものであることが大切。従業員たちの間に実感がなければ、満足度の上がりようがありませんよね。そしてもうひとつ、その福利厚生を利用することで、実際に中身のある具体的な「恩恵」がなければ、従業員の真の満足には繋がりません。

それでは、この2つのポイントをクリアし、従業員に喜んでもらえる、本当に満足度の高い福利厚生とは一体どのようなものなのでしょうか? その答えのひとつとしておすすめしたいのが、今の時代にマッチした新しい「食事補助」のシステムです。

脅威の利用率を記録する「チケットレストラン」

食事補助というと、社員食堂の整備であったり弁当の割引であったりが思い浮かびますが、今注目されているのが、外食ランチを気軽に安く利用できる「チケットレストラン」です。

チケットレストランは、全国58,000店以上の飲食店やコンビニで使える食事カードや食事券を提供している福利厚生ソリューションで、導入実績はすでに2,000社以上。しかも従業員の利用率がなんと99%を超えるという、圧倒的に「使ってもらえる」福利厚生システムです。

毎日のランチ時に活用できるので従業員がその効果を実感しやすく、割引という目に見える恩恵もあるため、サービス提供開始以来、チケットレストランの満足度は非常に高い水準を維持しています。さらに導入企業様の間では、「外食ランチが増えることで、社員同士のコミュニケーションが活性化した」という声も。

社内で新たな福利厚生の導入を考えているという経営者や担当者の方は、これを機にチケットレストランも選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか?

ご関心のある方は、ぜひ導入事例のページもチェックしてみてくださいね。