特集・お知らせ

エデンレッド及びチケットレストランに関する最新情報をお届けします

特集記事

採用にも有効な福利厚生!福利厚生サービスの例をご紹介

hukurikousei

 

優秀な人材の確保は、企業の生命線と言っても過言ではないかもしれません。

 

日々「どうしたら優秀な社員をもっと採用できるだろうか」と考えを巡らせている人事担当者の方も多いことでしょう。

 

採用活動を成功させるには、何と言っても企業自体の魅力を上げるのが一番効果的。

 

そのための手段には様々なものがありますが、中でも「福利厚生の充実」は代表的なメソッドのひとつですよね。

 

今回は、採用福利厚生の関係や、採用活動に有効な福利厚生の例などについて、詳しく見ていきましょう。

 

福利厚生の充実が採用活動の成否を握る

 

優秀な人材を、いかに効率的に確保していくのかというのは、業種や規模の大小を問わず、あらゆる企業にとって主要な優先課題のひとつです。

 

特に最近は様々な業界において慢性的な人手不足が目立ってきており、人材の獲得競争はますます激しさを増しています。

 

こうした状況の中、数々のライバル企業を出し抜いて必要な人材を採用するのは、なかなか簡単なことではありませんよね。

 

そこで、もっとも簡単に、効率的に採用活動を成功させる近道として注目度が高まっているのが、福利厚生の充実なんです。

 

「働き方改革」の流れで福利厚生はますます重要に

もちろん従来から福利厚生の充実は採用における重要なファクターとして広く知られてきましたが、近年の「働き方改革」の流れで若者を中心にワークライフバランスを重視する考えが定着したことで、その重要度はかつてなく高まってきています。

 

特に優秀な人材ほど「ワークライフバランスをしっかり取れる会社なのか」「福利厚生は充実しているのか」といったポイントを重視する傾向が強いと言われており、人事としては無視できないトレンドになりつつあります。

 

新卒採用にせよ、中途採用にせよ、若くて優秀な人材をより多く確保したいなら、今や福利厚生の充実は必要不可欠だと言えるかもしれません。

 

どんな福利厚生が効果的なのか

さて、一口に福利厚生と言っても、その種類は多種多様。問題は、「どんな福利厚生を導入するのが、採用活動にとって効果的なのか」という点ですよね。

 

採用活動という観点から考えたとき、真っ先に思いつくのが「レジャー施設の割引」「テーマパークのチケット」「自分探し休暇」といった、若者受けしそうで、社員にも喜ばれそうな目立つ福利厚生制度。

 

ですが、本当にこうした福利厚生が満足度も高いベストなものだと言えるでしょうか?

 

もちろんこのような福利厚生にも多くのニーズがありますが、実は就活生や転職希望者がよく注意して見ているのは、「毎日使えたり、日々の生活で具体的なメリットを感じられたりする福利厚生はあるのか?」という部分。

 

「時々、たまに使える福利厚生」よりも、たとえ地味であっても「毎日使える」福利厚生のほうが就活生の興味を惹きやすく、従業員の満足度も上がる傾向にあるんです。

 

 

従業員満足度の高い福利厚生なら「チケットレストラン」

「毎日使える」「就活生や転職希望者の関心を惹く」「従業員の満足度も高い」といった条件で数ある福利厚生の中から絞り込んでいくと、自然と浮かび上がってくるのが「食事補助」です。

 

事実、ここ最近、採用活動の促進という観点から食事補助の福利厚生を新規導入する企業が相次いでいます。

 

特に「チケットレストラン」は、導入企業が2,000社以上、利用者は15万人以上という、人気の高い定番ソリューション。チケットレストランは導入企業における従業員の利用率が99%を超えていて、「従業員に毎日使ってもらえて、社内の評判も上々」「本社勤務の従業員も支社勤務の従業員も公平に使えて、社員満足度が高い」「外のランチが増えたことで、従業員間のコミュニケーション促進につながった」などと、業種を超えて評判を呼んでいます。

 

導入が簡単で、税制上のメリットも大きいチケットレストラン。人材確保にお悩みなら、ぜひ新たな福利厚生としてチケットレストランの導入を検討してみてはいかがでしょうか? 気になる方は、こちらのページよりお気軽にお問い合わせください!