SNS OPEN

Cases導入事例

チケットレストランを導入頂いた
全国の企業様・利用者様の生の声をご紹介

事例検索

従業員数70名(2021年6月時点)
業種小売

従業員が大切だからこそ、誰でも必ず利用する「食事」を福利厚生に

  • 従業員が今まで以上に「会社が自分のことを気にかけてくれている」と 思ってくれるようになった
  • 採用活動においても、福利厚生制度としてアピールしやすくなった
  • 時間を問わずに使えるため、ランチ以外の食事やテレワーク時の利用もでき、切れ目のない福利厚生が実現
  • チケットレストランが従業員同士の話題のきっかけとなることも増え、コミュニケーション活性化の一助に

従業員数グループ15,824名(2020年3月時点)
業種食品

全国約200拠点、多様な勤務形態の従業員に公平な食事補助が可能に

  • どの従業員にも公平な福利厚生として食事補助の提供ができるように
  • 社員食堂の設置が必須ではなくなり、福利厚生のコストを最適化できた
  • チケットレストランタッチへの移行で、食事補助をグループ企業内共通利用のカードとして導入が可能に
  • 食事補助の運用方法の「可視化」ができたため、新拠点での導入時にもルールが明確に

従業員数279名(2021/02/01時点)
業種情報通信

コロナ禍における労働環境の変化にも対応して、ニューノーマルなワークスタイルをサポート

  • コロナ禍でリモートワークが浸透した状況においても、高い利用率を維持している
  • オンライン食事会でも利用されるなど、コミュニケーション活性化にも貢献している
  • チケットレストランを利用した「追加の一品」で、従業員の健康意識が向上した
  • 「食」の福利厚生を導入していることが、採用面での強みにもつながっている

従業員数115名(2015年12月時点)
業種電気・ガス

全社員が自分たちで選んだ、満足度の高い福利厚生サービス

  • 希望加入制にしたところ、導入後1か月で社員の9割が加入
  • お店の選択肢が多く、金銭的な負担を軽減できることを社員が高く評価
  • 社員が誘い合ってランチに行くようになり、社内のコミュニケーションも活性化
  • 会社としても、福利厚生費の有効活用と所得税法に基づく税制優遇というメリットを得られた

導入後の利用は簡単3ステップ

導入開始からスムーズに全社員がご利用することができます!

Contactお問い合わせはこちら

PAGETOP