導入事例

日本オラクル株式会社 様

日本オラクル株式会社 }

人事本部 人事企画・厚生部 ディレクター 大根田 勲様
人事本部 人事企画・厚生部 担当マネジャー 金子 敬子様

社名
日本オラクル株式会社
従業員数
2,406名(2015年5月時点)
URL
http://www.oracle.com/jp/
事業内容
ソフトウェアプロダクトの販売及び当該ソフトウェアプロダクトの利用を支援する各種サービスの提供
導入開始時期
2007年7月〜

「食事」は誰もが利用しやすい平等な福利厚生サービス

日本オラクルでは、同社の福利厚生制度である「カフェテリアプラン」のメニューのひとつとして、チケットレストランを2007年7月から導入。従業員からの反響も大きく、カフェテリアプランの利用率向上に貢献しています。

導入前の課題

  • 福利厚生として社員が食事補助を希望していた
  • 社員食堂は設置コストなどの面から導入が難しい

ご提案内容

  • 所得税法上非課税で利用でき、コストメリットがある
  • レストランやコンビニなど、全国の加盟店で幅広く使える
  • 福利厚生制度のメニューとして、チケットレストランを追加

導入結果

  • 今まで福利厚生を利用していなかった社員も活用
  • 食事代の半額が補助されるため、「お小遣いが増えて嬉しい」との声も
  • 全国の事業所、出張先でも利用でき、非常に好評